豊富なFileMaker テンプレートを持つインターログ! → テンプレート一覧ページ

インターログは、1995年からFileMaker データベース(Ver.5~)構築に関わってきた実績がございます。
また、いろいろな得意分野の多種多彩な業種のビジネスに貢献させて頂きましたので豊富なFileMaker テンプレートを持っております。
データベースの開発は豊富なテンプレートをカスタマイズしてご提供しますので、開発工数削減と開発期間短縮ができます。

MailtoMakerPro お試し方法

FileMaker で プラグインなしでメールを受信できるか 御社環境で、ぜひお試し頂ければ幸いでございます。

お試し頂きましてメールが受信できない場合は、MailtoMakerProサービス が対応できないメールサーバおよびネットワーク環境かと存じますので、ご了承くださいませ。


 MailtoMakerPro 動作環境

  ・FileMaker Pro または FileMaker Server バージョン13以上を推奨します。

  ・FileMaker バージョン12ではGETでアクセスしますので、アクセスログにアカウント情報が保存されます。

   テンポラリなメールアドレスを作成してお試しください。

  ・Gmailなどのフリーメールは対応しておりません。

  ・デモ版では新規に受信した先頭のメールのみ表示できます。

   ※ご購入後は、MailtoMakerProへの引数の機能コードですべてのメールを受信できます。


メール受信くん(MailtoMakerPro) ダウンロード !


 MailtoMakerProサンプル     1421KB

 ※下記のお試し方法が参考にメール受信してください。

MailtoMakerPro サンプル起動方法

 ・ダウンロードしたファイルを解凍してください。

 ・2ファイル(MailtoMakerProとMailtoMakerPro_サンプル)を確認してください。

 ・MailtoMakerPro_サンプル 起動してください。

 ・メインメニューが表示されることを確認してください。




MailtoMakerProへの引数設定

 ・メニューから”MailtoMakerProへの引数”を選択してください。

 ・各項目を入力してください。




  機能コード =  ※デモ版はすべて 0 となります。
    0:新規にメール受信 サービス加入後は0以外が指定できて、すべてのメールが受信できます。
    0以外:n番目のメール受信(前回受信したメールアドレス)
        受信した後、メール受信数が返されます。
        例)メール受信数が3の場合に、1番目、2番目、3番目のメールと指定できます。
  POPサーバ = POPサーバを指定 pop.abc.co.jp
  ポート番号 = POPのポート番号を指定 110
  ユーザー名 = POPのユーザー名
  パスワード = POPのパスワード
  削除フラグ = メール受信後にサーバから削除 0→削除しない 推奨 1→削除する
  SSL = 0 → 未対応

MailtoMakerPro メール受信方法

 ・メニューから”MailtoMakerPro 実行”を選択してください。

  受信したメールの内容を確認してください。

  ※デモ版では新規に受信した先頭のメールのみ表示できます。






MailtoMakerPro 受信メールの確認

 ・受信したメールの内容を確認してください。

 ・メール受信数には、今回受信したメール数を表示します。

  ※デモ版では新規に受信した先頭のメールのみ表示できます。

  ※サービス加入後は、MailtoMakerProへの引数の機能コードで次のメールを受信できます。






MailtoMakerProサービスの活用方法

 ・お試しダウンロードを申し込みますと指定のURLからダウンロードできます。

 ・ダウンロードファイルを解凍しますと2ファイル(MailtoMakerProファイルとMailtoMakerPro_サンプルファイル)となります

 ・MailtoMakerProファイルとMailtoMakerPro_サンプルファイルです。

 ・MailtoMakerProファイルは、実際にPHPと連携してメールを受信します。

  ※当初はMailtoMakerProファイルは、お試し版で先頭のメールしか受信できない制約がございます。

  ※お支払い後、すべてのメールが受信できるMailtoMakerProファイルを送付させて頂きます。

 ・MailtoMakerPro_サンプルファイルのMailtoMakerProファイルへにスクリプトに渡す引数を参考にしてください。

 ・MailtoMakerPro_サンプルファイルのスクリプトの結果でメール情報が取得できることを参考にしてください。

 ・MailtoMakerPro_サンプルファイルを参考にMailtoMakerProファイルを使用したメール受信機能を簡単に追加できます。